くいしばりがある

 

食い縛り

                                      戻る

食い縛りがあると、顎が疲れます。

しかし、慢性に続いていると、疲れていることに気付きません。   

         イラスト

歯に、そして歯を支える歯周組織に大きな負担を与えます。

1. 歯の痛み(原因不明の歯の痛みとなることが多い)、

2. 知覚過敏症状が数歯にわたり起こり、知覚過敏処置の

  効果がでにくい

3. 慢性に過大な力が働くことで、歯牙破折(歯が割れる)ことがある

4. 慢性に過大な力が働くことで歯を支える組織がうっ血して歯周病になる

5. どちらが先かという問題になりますが、肩こり、片頭痛を伴うこと多し

その他、かみ合わせがおかしくなったり、処置したものが取れ易かったり

虫歯に成り易かったりなどあるとおもわれます。

    イラスト    イラスト  

精神的なストレスがある時は、まずはリラックス

治療法としては、まずはマウスピースをはめていただきます。

かみ合わせの位置の安定化をみて、筋肉のリラックスできるところを

探します。

リラックスできるかみ合わせがわかったら、状態に応じてどうするか考える。

見させていただければ、いろいろお話ができると思います。

 

マウスピース、スプリントは保険適用

かみ合わせの再構成は保険外です。(インプラント治療をされる場合は、

食い縛りがあると、予後は悪くなります)

 

         イラスト

 

歯科の困り事へ

伊藤歯科(0586-62-8822)

メール予約

 

▲このページの先頭へ